2008年9月30日火曜日

NZの隅々を旅するの記3-2

                ( ファームの日没)
            
4月30日(土) オークランドでファームステイ
今回は、オークランドのノースショーシティ(North Shore City) のアルバニー(Albany)に住んでいるお友達夫妻の家にステイし、そこを基点にあちこち周ることにした。 Reiko & Allan 夫妻は、2000年頃、広い土地にファーム付きの大きな家を建てた。5部屋あるので、Reiko さんがB&B(希望すれば朝食だけでなく、昼も夜も食事を出してくれる)を始め、泊まり客の食事から旅行の手配、送り迎えまで、お世話をあれこれ細やかな気遣いでしてくれる。

夫妻で空港まで迎えに来てくれ、私たちは、2部屋に分宿、くつろいだ。ファームには羊が10匹、それに半分野生化したアンゴラウサギのバニー(*バニーは、残念ながら2006年に死亡)、たまに出てくるハリネズミなどに歓迎され?本格的ファームではないけど、ファームライフもちょっぴり味わえてのんびりできる素敵なお宅だ。夕焼けのファーム、朝靄の中のファームを望むお家で、忙しい日本から抜け出してきてしばしエネルギーの充電、命の洗濯。この夜は、お二人に久しぶりに会っておしゃべりに花が咲いた。
(*スライドショーをクリックしてマイ フォトに行くと公開アルバムを見ることができます。少しずつ旅の写真もアップロードして行きます。)

3 件のコメント:

shun さんのコメント...

以前私の住んでいた家の庭にもハリネズミが散歩にでてきていていました。その日もまた出て来ていたので、軍手をして、ハリ君を捕まえて、居間に持って入りました。私の子供が小さかったので、とても喜びました。テーブルの上に載せると、高さがあるので、飛び降りて逃げることもありません。そこで一日子供のおもちゃになりました。背中にりんごをブスッと刺されたまま、歩きまわっていたのを思い出します。

shun さんのコメント...

そうそう、私も、二人の家に泊まったことがあります。

hiroppe さんのコメント...

パソコンがトラブッていてなかなか徒然美人にアクセスできませんでした。あれやこれやと設定を検証しながらやっと復活した私のパソコンです。パソコン無では生きていかない私になっていることに大きなショックを受けています。また明日から旅行記を読ませて頂き楽しくコメントしようと思います。今日は今から勤務です。